トータルアシスタントプランニング

お電話でのお問合せはコチラ0120-65-1112
  • 会社概要
  • リンク
  • お問合せ
  • 店舗・戸建・マンション「一般リフォーム」
  • 子供の安心安全「幼児教育施設」
  • 快適バリアフリー「介護リフォーム」
  • 家の寿命を延ばす「リフォーム」
  • 新築でこだわり設計「注文住宅」

TOP>>リフォーム

快適バリアフリー介護リフォーム


I邸

ご要望
before

母屋とは離れた場所に階下が倉庫で、上階に長男の部屋という築52年の建物、石垣が基礎となりその上に木造瓦葺きの建物が乗っかっているという状況です。

施主の要望は長男の部屋のリフレッシュと耐震を考えて古くなった 構造材(柱・梁等)の補強でした。

ついでに野放しになっている倉庫を再利用できたらとの事でした。

 

提案ポイント
after

現状では耐震力としては殆ど無いに等しく、体力のない構造材を解体、撤去していくうちに殆ど丸裸の状況となりました。
予想以上に老朽化が進んでいた為、予定よりも大掛かりな改修工事となりました。
現状の基礎となっている石垣には殆ど付加をかけず、新たに石垣の内側で基礎を設ける工法にしました。殆ど新築の状態です。
又、屋根は建物を軽量化する為、瓦から鋼鈑の屋根にし、外壁は母屋とのバランスを考え木目調のサイディングにしました。
上階の子供部屋は洋室仕上げ、ロフトを設けて以前より有効スペース
を広げ、採光・通風を確保しました。

施行写真

外観

E邸

ご要望
before

築30年の連棟住宅、滅多に上がらない屋根裏収納庫に雨漏り の跡があると相談いただきました。確認に上がったところ屋根の下地も含めてかなり瓦が不整列な状態でした。

洋瓦から平型スレート屋根(カラーベスト)への葺き替えと断熱を考慮し断熱材を下地に組み込む工事となりました。

提案ポイント
after

原因は地震等の影響よりも老朽と当初の施工に問題があると思われます。
まず瓦と下地を撤去し合板で平滑面を形成、その上に垂木を組み、その 間に断熱材を挿入、更に上から合板で押さえ防水シートを貼りました。
棟続きの為境界部の防水に神経を使った施工となりました。

施行写真

外観
   

防水工事編 n邸

ご要望
before

1Fの居間の天井に雨漏れらしきシミがきっかけでご相談を受けました。雨漏りの原因ヶ所の断定は非常に難しいです。
漏れているすぐ上に原因があるとは限りません。
水は流動的です。少しでも傾きがあれば流れていき原因ヶ所とは違う場所で発見されたりします。

提案ポイント
after

今回は陸屋根に原因ヶ所が見受けられました。かなり劣化が激しく、殆ど防水の塗膜層が剥がれてしまっていました。
今回の陸屋根の工法は絶縁工法と言い現状の防水層の上から新たに防水面を作ってしまう画期的な工法です。
ベランダ部は屋根がついている為、極端な劣化はなくウレタン塗膜防水で施工しました。

施行写真

外観
お気軽にお電話下さい0120-65-1112